2005年10月15日

新型iPodの波及効果は…

●アップルの新型iPod、もうご存知ですよね。ものすごい技術革新です。この調子では、ハードディスクの代わりに“アップルのフラッシュメモリを積んだ超軽量ノートパソコン“の登場もありえるのではないでしょうか。
ipod_180-150.gif

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年10月13日

遅れていましたメルマガの編集が終わりました

●遅れていましたメルマガ「お茶@め〜る」<第15号>の原稿作成が終わりました、が、今度はまぐまぐの配信システムがトラブっており、まだ担当者から連絡がありません。いましばらくお待ちください。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年10月10日

万年筆“檸檬”

●「檸檬」といえば梶井基次郎の有名な小説のタイトル。その一節に丸善(京都店)が登場していたことにちなんで、丸善が130周年の1999年に“檸檬”という名前の万年筆を限定生産しました。それがすごい人気で、あっという間に売り切れたそうです。

1015lemon3.jpg●その復刻版が、いま発売中の雑誌「Lapita」(小学館発行980円)の付録についています。ただし、今回はミニ万年筆。偶然に知人から聞きこみ、さっそく買いに走りました。

●付録のミニ万年筆! とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、これが意外としっかりした本格的なつくりでした。「Lapita」という雑誌そのものも、写真の美しい中高年向けの高級雑誌ですが、それにふさわしい、風格をかんじさせるつくりだったのです。

●みなさんと同じように、パソコンを使いこんでいくにしたがい万年筆を使わなくなっていました。むかしは死ぬほど文字を書いて腱鞘炎をおこしたくらいでしたが、たまに取材で使うのもボールペンです。

●しかし、万年筆のタッチには忘れがたい郷愁があります。スローライフになりつつある私にとって、ひょっとして将来の唯一の趣味になる可能性もあります。

●そんなきっかけをつくってくれそうな、ポケットサイズのミニ万年筆。“檸檬”は本屋さんの雑誌にはさまれたままひっそりと、あなたが手にとるのを待っています。

1015lemon2.jpg  1015lemon1.jpg

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年10月03日

最悪の9月でした

●9月はデジカメとノートパソコンが立て続けに壊れました。最悪です。とくにノートパソコンが致命的。この2ヶ月間ほどの新しいデータがすべてふっ飛んだからです。売上データだけでなく、取引先との打ち合わせメモ、溜め込んでいた貴重な資料、将来の計画など、ほんとうに重要なものばかりでした。

●最近、調子がおかしいので、そろそろ寿命かなと思ってはいましたが、まさかこんなに突然くるとは。5年間、毎日のように酷使してきたので当然といえば当然の結果なのかもしれませんが。

●2ヶ月というのは、8月初めに一度、重要なデータだけをバックアップしておいたからです。それがなかったら… もう、どうなっていたか考えることはできません。

●それにしても、たぶんどなたもそうでしょうが、最近のデータの方が重要なものが多いと思います。だから…最悪なんです。

●自損事故みたいなものですから、だれを恨むわけにもいきません。

●みなさんも、くれぐれもバックアップを。
毎日、パソコンは使い終わったら必ずバックアップをとっておきましょう。同じハードディスクではだめです。かならず外部のメディアにしておきます。

●メディアでは、通常は外付ハードディスクが楽ですね。そして半年に1回くらい、CDやDVD、MDなどにもコピーしておきましょう。何も起こらないと時間と費用の無駄になる、と思うとやる気が失せることにもなりかねないのですが、それではだめなんです。事故は突然起きるのです。今回、身にしみて感じました。

●くれぐれもバックアップを。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年10月01日

緊急のお知らせとお詫び

●釜炒り茶.COMご利用のみなさまに緊急のお知らせとお詫びです。

●一昨日、当方で使用中のパソコンが突然OSレベルのトラブルに遭い、使用中の最近のデータが消滅してしましました。送受信したメールの控え、各種ソフトの設定データ、制作中および計画中であったホームページやブログのデータがすべて飛んでしまったのです。

●急ぎ復旧に努めておりますが、その途中で本日、再び同じ状況に見舞われ、再度初めからやりなおしております。

●つきましては、ここ数日間、メールの迅速な対応ができない可能性がありますことを、あらかじ、お詫び申し上げます。
また、9月末に配信予定だった「お茶@め〜る」の配信も遅れますことをご了承願います。

●なお、9/28〜9/30に当方までメールをお出しいただいた方は、たいへん恐縮ですが、再度お送りいただけましたら助かります。

●どうかよろしくお願いいたします。





 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年09月10日

iPod nano ご覧になりました?

●音楽ファン待望の iPod nano が出ました。




●小さくなって、性能がアップして、容量が増えて、おまけに低価格! どの iPod にしようか迷っていた方は、もうこれしかありませんね。これから iPod を触ってみたいという入門者にとっても最適な製品じゃないでしょうか。

●これでアップルは一段とシェアを伸ばしそう。ここまできたら、あとは買うしかないのかなあ。


iPod nano
iPod
iPod shuffle


<追>
nanoで使えるグッズやケースがぞくぞく登場(総合IT デジタル情報サイト「livedoor コンピュータ」)

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年09月09日

愛・地球博、2度目の観覧

●昨日、2度目となる万博に行ってまいりました。今回も夜間入場で、家人と義父母の引率という家族サービスが目的でした。

●会場までは、マイカーで大曽根まで行き、オズモールの駐車場に車を置き、大曽根からJRで万博八草駅、そこからリニモで北ゲート、というルートでした。かなりの人出があったので、この行き方が正解だったと思います。とくに帰りが名古屋市内とは反対方向になるので人の数も比較的少なく、しかもJRを1便やりすごして座って帰ってこれたのがよかった。これから行かれる方におすすめのルートです。

●この日はまさに台風一過の青空で人出も急増。帰宅後にニュースで、入場者数が19万人を超えたことを知りました。人口密度がかなり高かったことは確かですが、我茶日の住む街(愛知県一宮市)の人口の約半分の人があの中にいたとは驚きです。

●でも、欲張らなかったせいか、というか、今回も最初から人気スポットをあきらめて人の少なそうな外国館を中心に回ったせいか、当初の予定は何とか達成できました。といっても、今回も私はドライバーと保護者役で、会場内の行動スケジュールはすべて家人まかせでしたが。

●キッコロゴンドラに乗り、ポーランド館で夕食をごちそうになり、主に中南米の外国館を見て回りました。会場内にいたのは17:00〜21:30の4時間半。

●愛・地球博は始まるまでにいろいろ問題が起こりましたが、結果的には、愛知県人の大方の人がまずまずと思える状況で終わりそうです。個人的にも、大企業館やシンボル的な施設には行く時間も行列につく気力はアタマからなかったのですが、かえってそのために、世界の多くの国々の館を見ることができたわけで、将来も行くことのない国々の風物(のイメージ)に接することができたことは貴重な体験だったと思います。

●名古屋市内や会場周辺に住んでいる人たちは何度も足を運んでいるそうで、そのような楽しみ方ができる万博もまた珍しかったかも知れませんね。

●もちろん、食事時間以外はほとんど歩きづめだったので、かなりの運動になりました。心配だった義父母も意外と元気で、正直いって、どっちが引率者かわからない状態でもありました。今世紀最後の万博。最後に親孝行らしきことができ、ちょっとだけ気がやすまりました。

●家に着いたのは深夜12時ころでしたが、帰ってから飲んだ一杯の缶ビールと冷番茶がうまかった。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 03:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年09月07日

ひどくなる風の音を聞きながら…

●ハリケーン・カトリーナ、台風14号と、立て続けに大自然の恐怖を味わわされています。お宅は大丈夫でしたでしょうか。

●当方はマンション住まいなのでまだ安心感は少しありますが、それでも突風が吹き去るたびに、1階に住んでいるにもかかわらず、建物全体が揺れているような感じがして気持ちが悪いかぎりです。

●台風などの被害の拡大化と地球温暖化は、やはり関係があるのでしょうか。戦争などしてるヒマがあったら、もっと災害予防にお金をつぎ込むべきではないかと、テレビニュースを見ながら思ってしまいます。

●とにかく、気をつけましょう。被害にあわれた方には、少なくとも今以上ひどくならないよう、祈っております。

●あすは朝9時に重要な仕事で外に出る予定です。ぜひとも風雨がおさまっていてほしいです。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 03:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月23日

「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」スタート

アップルiTunes がすごいと思っていたら、Yahoo! がもっとすごいサービスを開始しました。昨日から「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」が始まっています。

ヤフー、約10万曲が無料で聴ける音楽配信サービスを開始
- nikkeibp.jp - IT
Yahoo!ミュージック

●どうせプロモーションがメインでしょ…ジャンルは選べるけど好きな曲は選べない…ストリーミングだから録音もできないし…なんて思っていたのですが。実際は、私のように、音楽はBGMで十分と思っている人間にとってはまったく問題なし。従来のインターネットラジオは聞きたくもないDJのうっとうしいしゃべりやCMが延々と入るものばかりだったので、フル歌が延々と聞けるのがものすごく新鮮!

●曲数は、とりあえず約10万曲だそうで、さすがにiTunes には及びませんが、何しろ無料なんですから。それに、私がふだん耳にする曲はマニアレベルではないので、まったく支障ありません。※残念ながら現在はMacに非対応。

●我茶日は、しばらくは我音日になりそうです。


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月19日

落雷&ネット切断騒動の反省と教訓

●(昨日の続き)やっぱりつながりません。落雷時に使っていなかったデスクトップもつながらない、ということは、これはモデムが壊れた可能性が一番高い! どうしよう、もし交換ということになったら、最低でも2日間はネットをつかえない、どうしよう… ネット依存商の釜炒り茶.COMとしては完全にお手上げ… そんな悲惨な状態を想像しすぎて疲れはて、この日はすぐに眠ることにしました(なんのこっちゃ)。

●翌日(昨日のことですが)午後2時ころまで外出の用事があり、ようやく家に戻って、プロバイダのSo-netのインフォメーションセンターに電話を入れて状況を説明すると、新米そうな女性が状況を詳しく聞いた後で「私にはわかりかねますので、テクニカルセンターへ電話をまわしますので、今おっしゃったことをもう一度、相手に説明してください」、しばらく待った後「何度も呼び出していますがつながらないので、きょうの夕方、そちらからもう一度電話をお願いします」…という対応で、がくっ。

●もちろん夕方まで待つわけには行かず、すぐにテクニカルセンターへ電話を入れると、やはり話中。かまわず待ち続けていると10分後に、ようやく男性担当者が出てくれました。

●さすがに専門担当は話が早かった。のですが、今度はかなりていねいすぎるくらいにあちらこちらをチェックしてくれたため、ようやく原因らしき個所をつきとめられたのは40分ほどしてからでした。

●最後の最後に「では、モデムとデスクトップを直接つないでみてください」と言われた一瞬、あっと気づきました。そうでした、モデムが壊れているかどうかを調べるには、パソコンとモデムを直接つなげばわかることだった!

●つないでみると、なんと、つながったではありませんか!!! モデムもパソコンも壊れていない! ということは、そうだ、ハブだ、ハブの電源チェックをし忘れていた。私の家(仕事場)のLANは、スイッチングハブで信号を分岐して、ノートPCとデスクトップを使っていたのです。

●スイッチングハブは信号の分配器みたいなもので、私が使っているのは10×20センチくらいの薄い小さなボックス型です。常に電源は入っており、ケーブルが計4本差し込んであります。そのLANケーブルは昨夜、差し替えチェックもしていました。

●しかし「電源のON・OFF」のチェックだけが抜けていたのです。ひょっとして、ハブの電源部分の接触不良ではないか、というアイディアがパチッとひらめきました。

●「壊れていそうなところはないので、あとはハブぐらいです」と電話の担当者もいいました。お礼もそこそこに電話切り、スイッチングハブの電源コードをいったん抜き、再び差し込み、念のためにすべてのケーブルを差し直しました。そして、ノートPCでブラウザを立ち上げると… じゃーん、映りました。

●原因は、ハブの電源部分の接触不良、ということだったのです。モデムの電源とパソコンの
電源はチェックしたのですが、両者を結んでいるハブはLANケーブルの差し直しチェックしかしてなかったのです。単純なチェックもれでした。

●意外と多いんですね、ケーブルやコードの接触不良でインターネットが見れなくなるというケースは。そんなときは、まず電気コードの差し直しからチェックを始めましょう。機械の大きい小さいは関係ありません。電気が通っている部分のコードをすべて差し直すことで、すぐに直るケースがかなり多いと思います。

●どたばたしましたが、実質的に、40分ほどの電話だけで済んだので、たいへんうれしく思いました。モデムの交換なんて、考えただけでもぞっとします。

●今回の反省と教訓;雷が鳴ったらパソコンの電源を切りましょう。停電後にインターネットが見れなくなったら、まずは各機器の電源コードの差し直しをしてみましょう。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月17日

落雷でインターネット接続がプッツン!

●昨夜(深夜)、東海地方は一時、ひどい雷雨に襲われました。最近は亜熱帯地方のような集中豪雨も珍しくなくなりましたが、さすがに雷が伴うまでのものは少ないです。

●しかし、昨夜の雷雨はちょっとひどかった。おかげで仕事中にえらい目に遭いました。

●よく降るなあ、雷か、でも遠そうだから大丈夫だろう、それにノートパソコンだから、と半ばタカをくくっていたのが間違いでした。突然、ガラガラドシャーーーーンという大音響とともに、一瞬、部屋の蛍光灯が消えたのです。どうやら、かなり近くに雷が落ちたような音でした。

●しまった、と思ったのですが、でも、さすが、わが愛器のノートパソコンはビクともせず(画面は何も変化せず)、それまで見ていたホームページがそのまま映っていました。雨は次第に小降りになり、雷鳴も急速に遠ざかっていきました。

●で、一件落着と安心しながら、そのまま原稿を書き続け、ようやく区切りがついたところでアップのためにいつものブログの画面を開けようとしたところ、なぜかそこには「表示できません」の文字。え? と思って、あわてて他のサイトを見ようとしましたが、どれもみな同じ反応!

●ああ、またやってしまったか、と思いました。これまでもたまにあった状況です。停電などで一時的に電源が切れると、ほとんどの場合、モデムがおかしくなっているのです。そして、そうなったら、いったんモデムの電源を切り、LANコードをさし直してから電源を入れると、すぐに復帰するのです。今回もそうしました。

●が、なぜかダメなんです。3、4回やっても「表示できません」のクールな画面しか見えません。次第にあせってきました。

●ふとい思い立ち、雷雨の前から電源を切ってあったデスクトップの電源をONにしました。ブラウザを立ち上げ、恐る恐るホームページを見てみると…(続く)

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月16日

NHK『日本の、これから』を見て

●昨夜、NHKの生トーク番組『日本の、これから』を見ました。夕方5時10分から、ニュースなどをはさみながら深夜12:00までありましたが、実際に見たのはその後半のみ。しかし、『朝まで生テレビ』のように、番組を面白くさせるためだけで出演させられているような人たちがいないことで、最後までじっくり考えながら見ることができました。出演者のうち8割ほどが一般市民、うち半分くらいが日本にいるアジアの国の人たちでした。

●「一切の予定調和はなし」ということでしたが、最後は何となく“調和”がとれたイメージでした。でも、冷静に見て、それはあくまでも長時間の議論の成果だったと思います。

●学んだこと
 ○まずこちらから、相手の立場を理解しようと努めることが大切であること
 ○日本語のうまい外国人(若者)がめちゃくちゃ多いこと
 ○外国人は日本人以上に日本の歴史や政治のことを知っていること。日本人は恥ずかしいくらいアジア諸国のことを知らないこと、同様に日本のことも知らないこと
 ○真面目に歴史や国際関係を考えている日本の若い人もいること(身近に遭遇する若い人だけがすべてではないことを知りました。もっとも、近年のニュースでは、非常識な人間は社会的な立場にいる人や高齢者にも多いということも実感してます)
 ○真実は一つではないこと。だから教科書といえども、できるだけいろんな意見を併記し、それぞれを学ぶ側で考えさせるような教育が必要ではないかということ(選択肢の必要性、複眼的思考)
 ○「これからのこと」として意見を求められると、どんな立場の人も、ほとんどの人が前向きな(友好的な)意見を述べられること
 ○一般人が知っている(と思っている)ことは断片的な知識でしかないこと。えらそうに意見を言う人も、すべてのことを知っているわけではないということ。謙虚さが大切であるということ
 ○アジアとの関係を無視して日本の未来・平和・繁栄はないこと

●いろんな意見を言える時代・国に生きておれて、本当によかったと思います。政治も含め、いろんな業界で、これまでの悪い面や先輩諸氏の身勝手さが(もちろん、自分自身の反省も含め)見えてきているように思います。都合の悪いことも、過去の出来事も、事実は事実と認め、反省し、その上で前向きな議論をしないと何も生まれないですね。そのことを痛切に感じました。

●未来志向(批判のための批判・上げ足取りは不毛でセコい戦術)、ウソをいわないこと(事実を隠さない、知ったかぶりをしないこと)、相手・弱者への思いやりをもつこと、いかにも真実であるように見せる考え方・言い方にだまされないことの重要性など。

●国益(集団益)という美名のもとで支配者・権力者・ボスたちが自分のメンツ(狭い視野の主張、自己顕示欲)を正当化しようとすることが戦争の根本原因にあるような気が、ますますしてきました。現実の生き方、とくに政治の運営ではむずかしいことばかりかも知れませんが、すべてをさらけだせば怖いものはなくなります。どんなえらい人でも間違うことはあるわけで、それを素直に認められる人を信用したいですね。腹芸、はったり、ごまかし、ウソつき、おとり、脅迫、恫喝…こんな旧来のセコいやり方にだまされないモノの見方を、私たちはみなもっているはずですよね。今度の選挙こそ、本当に私たちの未来を考え、行動できる政治家を選びたいもの(これまでいかにだまさてきたことか…)。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 店主の日記
2005年08月12日

東海道五十三次の美術印刷・額付きセットの販売開始

●お待たせしました、といっても、だれもご存じない話でしょうけど、東海道五十三次の浮世絵(美術印刷)セットの販売サイトが完成しました。宣伝などはこれからです。

●独立した専門店として運営してゆくことになりましたので、よろしくお願いします。詳しくはこちら(東海道五十三次.COM)をご覧いただければよいのですが、ここでも簡単に紹介させてください。

東海道五十三次セット●商品内容
 ○浮世絵の美術印刷が56点
   53宿+起点・日本橋+終点・京都+全体図=全56点
 ○額 大・小2点
   オーク調のシンプルで高級感のある額が2つ、それぞれ壁掛け用の紐と卓上用の受立付き
 ○道中案内記 1冊(A4、16ページ)
   東海道五十三次のいわれ、浮世絵の解説、各宿場の今昔、名刺・古利・神社の特色、名所・旧跡・名物、最寄りの交通機関名などが記されています
 ○56点の絵を収納しておくカバー(タトウ)

 これだけ盛りだくさんの内容で、質が高くて、お値段が19,550円ぽっきり(送料、手数料すべて込み)!

●なお、追加サービスで、55宿の中からお好きな絵を掛軸にすることもできます。
   制作期間は約1ヶ月、追加料金が必要です

●55宿の浮世絵を、たとえ毎日差し替えても、一巡するのに2か月かかりますので、お店のインテリアとしても使いがいがあります。

●来月は敬老の日がありますが、お父様への贈り物にもお使いいただけます。ぜひ一度ご覧ください。

東海道五十三次.COM

●これを機に、今後、東海道五十三次に関する情報も時々、記してまいります。東海地区に関する地域情報なども増えていくかもしれません。とにかく、よろしくお願いいたします。



 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月02日

2005年夏、長い長い水道工事の騒音と東海道五十三次

●ようやく暑い日が続きそうになってきました。やっぱ、夏はこうでなくっちゃ。

●しかし、うちの場合、うっとうしい暑さの原因はもう一つあるんです。じつは、すぐ目の前の道路の水道管埋設工事がまだ終わらないんです。1ヶ月以上になりますよ。穴を掘ったり埋めたり、舗装したり、朝から夕方までガガガガ〜という機械の音が鳴り止みません。

●うちはほとんどエアコンを使わず、そのため窓を開けっぱなしにしているのですが、だからよけいひどく感じるのかも知れません。目に見えて、家に入ってくる土埃も増えています。それにしても、年度末でもないのにどうして今頃…

●まさか、アスベスト入りの水道管を撤去してるんじゃないでしょうね。

●ところで、野口さんの船外活動が着実に成果をあげているのは嬉しいニュースですが、ディスカバリーのトラブルについてはどこまでいっても不安が残りますね。ご家族や友人知人ご一同は必死に無事帰還を願っておられることでしょう。ドラゴンズの野口さんは、先日おいしいビールを飲まれたと思いますけど。で、郵政自・自戦争で国会に吹き荒れている解散風、自殺者まで出てしまいました。死ぬことまではないと思うのは素人の発想かもしれませんが、いったい、政治の世界ってどうなってるのでしょうか。

●またまた話は飛びますが、今週は東海道五十三次の浮世絵セットの販売コーナーを作ろうと、がんばっております。お茶のサイトで? と思われるかもしれませんが、知り合いの方から頼まれて、なんです。55枚の浮世絵(印刷)と大・小2点の額のセット。55枚の絵を差し替えて楽しめるところがミソなんですが、和風のインテリアとしてお手ごろだと思います。お値段は19,800円(税込)ですので、ご興味のある方は、来週あたりにもう一度このブログをのぞいてみてください。オープン告知はこちらでも行いますので。

東海道五十三次セット

●冷番茶、飲んでます?


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年07月29日

Google ユニバース・ドットコム!

●そういえば、>★お茶@め〜る★第13号(7月28日配信)のおまけ情報として Google Maps をご紹介しましたが、Google はさらにすごい夢、というか野望をもっているそうです。それは、宇宙関連のドメイン!

Googleの野望、宇宙産業へ進出?? 関連ドメイン名を取得。

●一瞬、ピンとこない方もいるかも知れませんが、そのドメインというのが

Googlegalactic.om  (グーグル銀河系ドットコム)
Googleuniverse.com  (グーグル宇宙ドットコム)
Googlegalaxy.com   (グーグル星雲ドットコム)
Googlesolarsytem.com (グーグル太陽系ドットコム)
Googlesun.com    (グーグル太陽ドットコム)
Googlemercury.com  (グーグル水星ドットコム)
Googlevenus.com   (グーグル金星ドットコム)
Googlearth.com、Googlemoon.com、Googlemars.com ……

といったものなのです。

●ご存知のように、Google earth(人工衛星からみた地上写真)、Google Moon(月のマップ)というのはすでに稼動していて、これはこれですごいのですが、さらにその上に「宇宙」まで考えていたんですね。どこまで本気なのかジョークなのかわかりませんが、少なくとも日本人の発想とはスケールが違います。

●それにしても、凡人の私には、「検索」という機能がこのように際限なく新ビジネスを生み続けていくものとは、ほんの1、2年前までは思いもよらないことでした。Google という企業は、すでにマイクロソフトやヤフーのレベルを、はるかに抜き去っているのではないでしょうか。

○Google Earth
http://earth.google.com/

○Google Moon
http://moon.google.com/


●ディスカバリーのトラブルが心配ですが、人類の夢はこれからも宇宙を目指して拡大していきそうです。


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年07月25日

下駄・草履が流行っている!?

●先日の朝日新聞に紹介されてました。流行っているって、ほんとうですか?

●下駄、草履、懐かしいですね。我茶日の子どもの頃は、ふつうに下駄を履いてました。足駄(あしだ、あした)ともいってました。我茶日の田舎はちょっと雪の降るところだったので、冬場は歯の部分(地面に接する部分)が少し高い“高足駄(たかあしだ)”というのを履いてたことを、いま突然思い出しました。

●中学の頃まで通学にも使ってました。さすがに校舎内ではズックに履き替えさせられてましたが。※ついでに、中学時代の恥ずかしい下駄事件も思い出してしまいましたが、これは公開できません!

●最近、若者のあいだで、夏祭りや花火大会に浴衣を着ていく人がぽつぽつ見られますが、そのおかげなんでしょうか?

●東京・自由が丘の「十六夜」という雑貨店では、3年前から年々売れ行きが伸びているそうです。ユニクロも昨年、下駄を売り出し、西武百貨店では草履も売っているとか。

●鼻緒のある履物は、足の親指だけでなく、5本の足の指全部が鍛えられます。指が強くなると転びにくくなり、足の裏のバランスがよくなり、脚の筋肉も強くなるとか。もちろん、外反母趾にもなりにくいし、(はだしですから当然)通気性もいいので水虫にもなりにくい。下駄や草履は非常に理にかなった履物だったんですね。

●下駄の似合う人って、います? 浴衣を着て下駄を履いておればだれでも涼しげな顔になるので、ひょっとしてあなたも一夜の美人になれるかも。

●ところで、ネットでも下駄を売っているところを見つけました。こちらは竹製品の専門店ですが、竹製だけでなく、木製の下駄や草履も扱われてます。今度買ってみようと思いましたが、うちでは飾り物になるだけかなあ。




●フローリング床には竹製のスリッパもいいかも


●なんか、すのこもほしくなってきましたよ。縁側で飲むビールがうまそう…






 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年07月20日

やっと行ってきました、愛・地球博

●暑さと人出からためらっていた万博でしたが、ようやく昨日、夜間のチケットを手に入れ行ってきました。

●名古屋・栄の駐車場に車を置き、地下鉄〜リニモを乗り継いで北ゲートへ。開場17時の10分ほど前に到着しましたが、その後、入場までの行列と荷物チェックで30分ほどつぶされ、実際に入場できたのは17:20ころ。

●幸運なことに、この日は朝からさわやかな風が吹き、しかも5月以降で最低の入場者数!という記録的な日だったのです。しかし、それでも各パビリオンの待ち時間は長かった…(もちろんピーク時の何分の1かでしょうけど)

●全面的に家人の立てたプランにそっての行動でした。人気の日本の企業館はアタマからあきらめて、マンモスラボ、夢みる山(押井守監督プロデュース・地元マスコミ各社等提供「めざめの方舟」)、グローバル・コモン6(東南アジアエリア)の3ヶ所に絞っての見学。これはほぼ実現できました。

●しかし、けっこうスムーズに回れたせいで調子に乗り、最後はほとんど時間のない中、あちらこらちらを必死に歩きまわることになってしまいました。グローバル・ループという、開場を一周している環状歩道があるのですが、たぶん、それを3周くらいしたのではないでしょうか。最後は足がつるという、情けない事態に。

●全体的な印象では、大阪万博の時と比べてこじんまりとしてはいますが、その分のんびりとしてアットホームな感じが漂い、世界各国の存在が非常に身近に感じられましたね。たとえ英語を話せなくても、同じ場所にいっしょにいればお互いに気心がわかりあえるようになるのではないでしょうか。それが一番の平和への道のような気がしてきました。

●閉館時刻までいたため、帰路は海外展示館のスタッフらしき人たちと同じ電車になり、それとなく彼らを観察できたことも、親近感をもてた要因だったかも知れません。どの国の人も、どんな民族の人たちも、みんな普通の人たちだということを、しみじみと実感しながら帰ってまいりました。

●足も上げれないくらい疲れはてて帰宅したのですが、不思議ですね、一晩寝て起きると、もう一度くらい行ってもいいかな、という欲と元気がムラムラとわき出ていることに驚きました。問題は時間ですが…



 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年07月02日

引っ越してまいりました

●何をどうこうというのではないのですが、またまた気分転換をはかりました。

●釜炒り茶.COM は釜炒り茶の専門のネットショップです。蒸し茶も少々、他に無農薬食品なども扱うようになりましたが、あくまでも釜炒り茶の普及と販売をメインにしております。

●これまで livedoor Blog で細々とやっておりましたが、これを機に、いわゆる店主日記らしいものにしていきたいと思います。

●内容的には、釜炒り茶に関する各種情報を中心に、お茶に関する実用情報や豆知識のご紹介だけでなく、最近の世相や日常生活上のできごとなども記していこうと思っています。よろしくお願いいたします。





 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。