2005年08月16日

緑茶の健康効果について

●『緑茶革命』(小國伊太郎編著/女子栄養大学出版部刊)の記事の見出しから、緑茶の健康効果について関するものをリストアップしてみます。

○緑茶には発がん抑制効果がある
  緑茶やカテキン類は、がんの発生を大幅にダウン
    <カテキン類>
○胃がんや大腸がんの予防に緑茶
  ピロリ菌にも緑茶のカテキン類が効力を発揮
    <カテキン類>
  大腸がんに緑茶の食物繊維が作用
    <食物繊維>
○緑茶のビタミンが、ガンを予防
    <カテキン類、ビタミンC、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンE>
○高コレステロールの食事のときには、緑茶
  緑茶が悪玉コレステロールの酸化を抑える
    <エピガロカテキンガレート>
  緑茶は、コレステロール値を正常にする
    <カテキン類)ビタミンC、βカロテン(ビタミンA)>
○緑茶で高血圧の不安を解消
  緑茶が、血圧を上げる酵素の働きを抑える
    <カテキン類>
○糖尿病が気になる人に緑茶
  緑茶で糖尿病をブロック
    <カテキン類>
  緑茶の成分が血糖値を降下させる
    <ポリサッカライド(複合多糖類)>
○緑茶が、かぜのウイルスを寄せ付けない
  緑茶が、インフルエンザウイルス(から体)をガード
    <カテキン類>
○緑茶で食中毒に勝つ
  食後の緑茶でO−157を予防する
    <カテキン類>
  緑茶が腸内環境を健康に保つ
    <カテキン類>
○緑茶で膵炎(すいえん)を防ぐ
  緑茶には膵炎の発生と症状を抑制する効果が
    <カテキン類>
○緑茶でダイエット
  緑茶を食べて、肥満を予防
    ※粉末緑茶(食べるお茶)
○緑茶で免疫病をおさえる …抗酸化成分
  緑茶は膠原病やリューマチなど、自己免疫病に効く
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC>
  緑茶は酸化ストレスに効果的
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC>
○緑茶でアレルギーをやわらげる
    <カテキン類>
○緑茶で虫歯や口臭を防ぐ
    <カテキン類、フッ素>
  緑茶には抗菌・消臭作用がある
    <カテキン類>
○緑茶で二日酔いを防止
    <ビタミンC、カフェイン>
○緑茶のカフェインで心身をリフレッシュ
    <カフェイン>
○緑茶が放射線障害をやわらげる
  緑茶の成分が放射線による障害を予防
    <フラボノイド(エピガロカテキンガレート、ルテオリン)>
○緑茶で色白になる
  緑茶の抗酸化作用が肌の老化を防止
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE>
  緑茶のビタミンCで日焼け防止
    <ビタミンC>
○緑茶で長生きする
  細胞の老化を防ぐ …抗酸化成分
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE>

 ※<>内が効果を実現する成分


●これは農学博士・小國伊太郎氏(2001年3月現在、静岡県立大学短期大学部食物栄養学科教授)、中村順行氏(2001年3月現在、静岡県農林水産部・お茶振興室)、農学博士・茶山和敏氏(2001年3月現在、静岡大学農学部応用生物化学科助教授)の共著『緑色革命』にある記述の一部です。

●カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンEといった緑茶の成分が、多くの生活習慣病や免疫系の病気の予防や症状改善に効果があるということですね。なかにはまだマウス実験レベルのものもありますが、ほとんどは、すでに長年にわたって病気予防などに効果があったと実証されているものです。

●健康ブームのおかげでご存知の方も多いかも知れませんが、お茶はたいへん身近な食材なので、「まさかこんなたいそうな効果があるとは…」という方がまだまだ多いと思われます。もちろん医薬品ではないので「お茶は○○に効果がある」などの宣伝文句で販売はできませんが、毎日飲んでいるものだけに、その成分や効果についてもう少し事実を知っててもいいかも知れません。

緑茶革命 お茶博士の“緑茶のすすめ”決定版

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。