2005年08月10日

改めて、緑茶の効能=カテキン=について

●静岡県立大学短期大学部教授、農学博士の小國伊太郎編著『緑茶革命』で、改めて緑茶のパワーについて確認しました。
緑茶革命 お茶博士の“緑茶のすすめ”決定版

●カテキンは緑茶の渋味のもとです。釜炒り茶はカテキン含有量が緑茶の中でも一番多い(一番渋い)のですが、そのカテキン類は緑茶の「もっとも代表的な成分」で、「抗酸化性」があると、同書で述べられています。

●カテキン類の効能
  発ガン抑制作用
  抗腫瘍作用
  突然変異抑制作用
  抗酸化作用、老化抑制
  血中コレステロール低下作用
  血圧上昇抑制作用
  抗動脈硬化抑制作用
  血小板凝集抑制作用
  血糖上昇抑制作用
  抗アレルギー作用
  腸内細菌叢改善作用
  抗肥満作用
  抗インフルエンザ作用
  抗菌作用(食中毒予防)
  虫歯予防作用
  口臭予防(脱臭作用)など  (同書12p)

●すごいの一言ですね。緑茶を飲んでおれば、風邪はひかない、血液はさらさら、糖尿病や心臓病は防げる、老化を抑制できる、ダイエットできる、おまけに口臭を抑えられる…と、流行のサプリメントなど何も必要がないくらい、健康的な生活が送れるんですね。

●でも、私は子どものときから飲み続けているけど、風邪はひくし、コレステロールはあるし、肥満ぎみだし、最近は口臭も… という方もいらっしゃいます。むずかしいですね、こういうご意見に対する反論は。まあ、無理に反論することもないのですが。

●私は「薬でないものが、こんなに有効な成分や効能をもっている」ことのほうを、素直に喜びたいと思います。薬でないから、毎日どれだけで飲んでもいいし、薬でないから、安心して人にすすめられるのです。薬じゃないから(食品なので)おいしいとか苦いとか、味を楽しめるのではないでしょうか?

●医薬品のサプリメントではこうはいきません。お医者さんと相談しながら、あるいは体調を厳重に管理しながら摂取しなければならない。それって、すごくたいへんなことじゃないですか。

●緑茶にはこんな効能「も」あるんだな、と思いながら、好きなときに好きなだけ飲む。これって、精神衛生上は、薬以上の効果をもたらしてくれそうな飲み方だと、私は思います。

●緑茶、なかでもとくに釜炒り茶にはカテキンが豊富にある、カテキンには体にいい、だから、無農薬でおいしい釜炒り茶を飲もう!ということにしておいてください。科学的なことは専門の先生や研究者にお任せして、私たちはゆっくりとお茶を楽しみましょう。

緑茶革命 お茶博士の“緑茶のすすめ”決定版
著者:小国伊太郎、出版社:女子栄養大学出版部、本体価格:1,500円




 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5934522
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。