2006年07月17日

お茶@め〜る第24号配信

●2日遅れでしたが、本日第24号を配信いたしました。

●お茶@め〜るは釜炒り茶.COMのメールマガジンです。今月から月2回配信となっています。釜炒り茶.COMは無農薬のカテキン茶「釜炒り茶」を専門に扱っています。

●お茶@め〜るご購読者には当店の商品が5%引でご購入いただける特典がついています。お茶@め〜るにはそのキーワードが掲載されていますので、この機会にご購読をおすすめいたします。

ご購読受付デスク




 釜炒り茶.COM
2006年07月11日

無農薬の冷た〜い麦茶がイチオシ

●釜炒り茶.COMでは麦茶も扱っています。もちろん、そのあたりにある麦茶ではなく、手作りで無農薬の有機栽培による、安心・安全・健康重視の麦茶です。  ※詳しくは -> 有機麦茶

有機麦茶

●お茶に限りませんが、私は最近、とくに「無農薬」を意識するようになりました。しかし、ほんとのところ、無農薬という表示もどこまで信用していいかわからない場合も多くあります。もちろん、当商品は信用していただきたいのですが、これまで無農薬だと思っていたものが、実はそうではなかったというものが意外と多いようですので、お気をつけください。

●しかし、じつは私の家では、夏は「水出しの釜炒番茶」がメインで、この「有機麦茶」はたまに飲む程度です。というのも、やはりちょっとお値段が高めなので、家計的には仕方がないのです(といっても、100g420円ですから、それほどでもないのですが)。でも、それだけの価値は、間違いなくあります。けっこう苦味があって、味も香りも、ちょっとコーヒーに似た感じです。

●口に入れるものですから、食品や飲み物は、やはり無農薬・減農薬のものをつかいたいですね。もちろん、手がかかっている分、若干値段は高くなりますが、健康には代えられません。

●名前をあげるわけにはいきませんが、有名産地のお茶の摘み採りに参加された方が、ひどく手が荒れたことがあったということを聞きました。原因は、やはり農薬だったらしいのです。敏感肌やアレルギー体質の方は、とくにお気をつください。今すぐ何かが起きるということはないと思いますが、長い期間かかって体内に薬物が蓄積されていくると、花粉症のように、ある日突然、異変が出るということもありえます。

●もちろん、これは脅した売り込みではなく、口にするものは、できるだけ無農薬のものにしたいな、という希望を述べているだけですので、誤解なきよう。

●ほとんどのサーバにウイルス対策ソフトが入っている時代にようやくなってきましたが、それと同じように、すべての農作物が無農薬・有機栽培になればいいのに…と、いつも思います。もちろん、現実の体制づくりはたいへんでしょうが、でも、人間の健康に関わることですから、全体として、少しでもそんな方向に向かうような動があってもよいのではないでしょうか。“経済最優先”なんていっておれる問題ではないように思うのですが。

●最近はBSE問題ばかりに注目が集まってますが、一般食品の農薬問題は、あまり話題にあがらないだけに、ちょっと怖いと思います。


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 04:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶話
2006年07月02日

お茶@め〜る第23号配信

●1カ月おくれでしたが、本日、釜炒り茶.COMのメルマガ「お茶@め〜る」第23号を配信いたしました。

●今後、釜炒り茶.COMのお茶に関する情報は当ブログを中心に行ってまいります。よろしくお願いいたします。

●「お茶@め〜る」は月2回配信となりました。毎月5日・20日の2回です。当ブログともども、よろしくお願いいたします。

●当ブログは「お茶情報+店主日記」という内容になります。お茶に関する新しい情報、珍しい情報と、私WASABIの日常および若干プライベートな情報も織り交ぜた内容になると思います。

●つまり、役に立ちそうな情報と、まったく役に立たなさそうな情報が混在するブログになりますが、たとえ役に立たなさそうに思えるお話も、できだけオチをつけるよう(納得していただけますよう)努めさせていただきます。

●これまでは、まるでサッカー日本代表のように、緩急をつけて(=まじめにやったり、やらなかったり…?)まいりましたが、これからはできるだけ規則正しく、気持ちを入れ替えて続けていこうと思いますので、お見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。

●順序を無視してしまいましたが、「お茶@め〜る」は釜炒り茶.COMのメルマガです。ご購読お申し込みはこちらからお願いいたします。




 釜炒り茶.COM
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。