2005年08月23日

抹茶レモンが成人病予防に!

●きょうの「思いっきりテレビ」見てました? 健康コーナーのテーマが「レモン」で、最後に、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果のある健康ドリンクとして、「抹茶レモン」が紹介されてました。

●もちろん、健康食品なので効果のほどは“やんわり”ですが、老化防止、ボケ防止などにも効果があるそうです。

●お茶の成分であるカテキンなどにもその効果がありますが、レモンにもあったんですね。そして、そんなお茶とレモンが合うなんて。

●さっそく、釜炒り茶.COMでも試してみようと思います。釜炒り茶にも抹茶はあるのですが、残念ながら今は手に入らないので、代わりに「食べるお茶(粉末の釜炒り茶)」を使ってみましょう。おいしくできたらまたご報告いたします。

●夏は冷茶が一番、なんですが、たまには目先を変えてみます。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶話

「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」スタート

アップルiTunes がすごいと思っていたら、Yahoo! がもっとすごいサービスを開始しました。昨日から「Yahoo!ミュージック サウンドステーション」が始まっています。

ヤフー、約10万曲が無料で聴ける音楽配信サービスを開始
- nikkeibp.jp - IT
Yahoo!ミュージック

●どうせプロモーションがメインでしょ…ジャンルは選べるけど好きな曲は選べない…ストリーミングだから録音もできないし…なんて思っていたのですが。実際は、私のように、音楽はBGMで十分と思っている人間にとってはまったく問題なし。従来のインターネットラジオは聞きたくもないDJのうっとうしいしゃべりやCMが延々と入るものばかりだったので、フル歌が延々と聞けるのがものすごく新鮮!

●曲数は、とりあえず約10万曲だそうで、さすがにiTunes には及びませんが、何しろ無料なんですから。それに、私がふだん耳にする曲はマニアレベルではないので、まったく支障ありません。※残念ながら現在はMacに非対応。

●我茶日は、しばらくは我音日になりそうです。


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月19日

落雷&ネット切断騒動の反省と教訓

●(昨日の続き)やっぱりつながりません。落雷時に使っていなかったデスクトップもつながらない、ということは、これはモデムが壊れた可能性が一番高い! どうしよう、もし交換ということになったら、最低でも2日間はネットをつかえない、どうしよう… ネット依存商の釜炒り茶.COMとしては完全にお手上げ… そんな悲惨な状態を想像しすぎて疲れはて、この日はすぐに眠ることにしました(なんのこっちゃ)。

●翌日(昨日のことですが)午後2時ころまで外出の用事があり、ようやく家に戻って、プロバイダのSo-netのインフォメーションセンターに電話を入れて状況を説明すると、新米そうな女性が状況を詳しく聞いた後で「私にはわかりかねますので、テクニカルセンターへ電話をまわしますので、今おっしゃったことをもう一度、相手に説明してください」、しばらく待った後「何度も呼び出していますがつながらないので、きょうの夕方、そちらからもう一度電話をお願いします」…という対応で、がくっ。

●もちろん夕方まで待つわけには行かず、すぐにテクニカルセンターへ電話を入れると、やはり話中。かまわず待ち続けていると10分後に、ようやく男性担当者が出てくれました。

●さすがに専門担当は話が早かった。のですが、今度はかなりていねいすぎるくらいにあちらこちらをチェックしてくれたため、ようやく原因らしき個所をつきとめられたのは40分ほどしてからでした。

●最後の最後に「では、モデムとデスクトップを直接つないでみてください」と言われた一瞬、あっと気づきました。そうでした、モデムが壊れているかどうかを調べるには、パソコンとモデムを直接つなげばわかることだった!

●つないでみると、なんと、つながったではありませんか!!! モデムもパソコンも壊れていない! ということは、そうだ、ハブだ、ハブの電源チェックをし忘れていた。私の家(仕事場)のLANは、スイッチングハブで信号を分岐して、ノートPCとデスクトップを使っていたのです。

●スイッチングハブは信号の分配器みたいなもので、私が使っているのは10×20センチくらいの薄い小さなボックス型です。常に電源は入っており、ケーブルが計4本差し込んであります。そのLANケーブルは昨夜、差し替えチェックもしていました。

●しかし「電源のON・OFF」のチェックだけが抜けていたのです。ひょっとして、ハブの電源部分の接触不良ではないか、というアイディアがパチッとひらめきました。

●「壊れていそうなところはないので、あとはハブぐらいです」と電話の担当者もいいました。お礼もそこそこに電話切り、スイッチングハブの電源コードをいったん抜き、再び差し込み、念のためにすべてのケーブルを差し直しました。そして、ノートPCでブラウザを立ち上げると… じゃーん、映りました。

●原因は、ハブの電源部分の接触不良、ということだったのです。モデムの電源とパソコンの
電源はチェックしたのですが、両者を結んでいるハブはLANケーブルの差し直しチェックしかしてなかったのです。単純なチェックもれでした。

●意外と多いんですね、ケーブルやコードの接触不良でインターネットが見れなくなるというケースは。そんなときは、まず電気コードの差し直しからチェックを始めましょう。機械の大きい小さいは関係ありません。電気が通っている部分のコードをすべて差し直すことで、すぐに直るケースがかなり多いと思います。

●どたばたしましたが、実質的に、40分ほどの電話だけで済んだので、たいへんうれしく思いました。モデムの交換なんて、考えただけでもぞっとします。

●今回の反省と教訓;雷が鳴ったらパソコンの電源を切りましょう。停電後にインターネットが見れなくなったら、まずは各機器の電源コードの差し直しをしてみましょう。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月17日

落雷でインターネット接続がプッツン!

●昨夜(深夜)、東海地方は一時、ひどい雷雨に襲われました。最近は亜熱帯地方のような集中豪雨も珍しくなくなりましたが、さすがに雷が伴うまでのものは少ないです。

●しかし、昨夜の雷雨はちょっとひどかった。おかげで仕事中にえらい目に遭いました。

●よく降るなあ、雷か、でも遠そうだから大丈夫だろう、それにノートパソコンだから、と半ばタカをくくっていたのが間違いでした。突然、ガラガラドシャーーーーンという大音響とともに、一瞬、部屋の蛍光灯が消えたのです。どうやら、かなり近くに雷が落ちたような音でした。

●しまった、と思ったのですが、でも、さすが、わが愛器のノートパソコンはビクともせず(画面は何も変化せず)、それまで見ていたホームページがそのまま映っていました。雨は次第に小降りになり、雷鳴も急速に遠ざかっていきました。

●で、一件落着と安心しながら、そのまま原稿を書き続け、ようやく区切りがついたところでアップのためにいつものブログの画面を開けようとしたところ、なぜかそこには「表示できません」の文字。え? と思って、あわてて他のサイトを見ようとしましたが、どれもみな同じ反応!

●ああ、またやってしまったか、と思いました。これまでもたまにあった状況です。停電などで一時的に電源が切れると、ほとんどの場合、モデムがおかしくなっているのです。そして、そうなったら、いったんモデムの電源を切り、LANコードをさし直してから電源を入れると、すぐに復帰するのです。今回もそうしました。

●が、なぜかダメなんです。3、4回やっても「表示できません」のクールな画面しか見えません。次第にあせってきました。

●ふとい思い立ち、雷雨の前から電源を切ってあったデスクトップの電源をONにしました。ブラウザを立ち上げ、恐る恐るホームページを見てみると…(続く)

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月16日

緑茶の健康効果について

●『緑茶革命』(小國伊太郎編著/女子栄養大学出版部刊)の記事の見出しから、緑茶の健康効果について関するものをリストアップしてみます。

○緑茶には発がん抑制効果がある
  緑茶やカテキン類は、がんの発生を大幅にダウン
    <カテキン類>
○胃がんや大腸がんの予防に緑茶
  ピロリ菌にも緑茶のカテキン類が効力を発揮
    <カテキン類>
  大腸がんに緑茶の食物繊維が作用
    <食物繊維>
○緑茶のビタミンが、ガンを予防
    <カテキン類、ビタミンC、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンE>
○高コレステロールの食事のときには、緑茶
  緑茶が悪玉コレステロールの酸化を抑える
    <エピガロカテキンガレート>
  緑茶は、コレステロール値を正常にする
    <カテキン類)ビタミンC、βカロテン(ビタミンA)>
○緑茶で高血圧の不安を解消
  緑茶が、血圧を上げる酵素の働きを抑える
    <カテキン類>
○糖尿病が気になる人に緑茶
  緑茶で糖尿病をブロック
    <カテキン類>
  緑茶の成分が血糖値を降下させる
    <ポリサッカライド(複合多糖類)>
○緑茶が、かぜのウイルスを寄せ付けない
  緑茶が、インフルエンザウイルス(から体)をガード
    <カテキン類>
○緑茶で食中毒に勝つ
  食後の緑茶でO−157を予防する
    <カテキン類>
  緑茶が腸内環境を健康に保つ
    <カテキン類>
○緑茶で膵炎(すいえん)を防ぐ
  緑茶には膵炎の発生と症状を抑制する効果が
    <カテキン類>
○緑茶でダイエット
  緑茶を食べて、肥満を予防
    ※粉末緑茶(食べるお茶)
○緑茶で免疫病をおさえる …抗酸化成分
  緑茶は膠原病やリューマチなど、自己免疫病に効く
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC>
  緑茶は酸化ストレスに効果的
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC>
○緑茶でアレルギーをやわらげる
    <カテキン類>
○緑茶で虫歯や口臭を防ぐ
    <カテキン類、フッ素>
  緑茶には抗菌・消臭作用がある
    <カテキン類>
○緑茶で二日酔いを防止
    <ビタミンC、カフェイン>
○緑茶のカフェインで心身をリフレッシュ
    <カフェイン>
○緑茶が放射線障害をやわらげる
  緑茶の成分が放射線による障害を予防
    <フラボノイド(エピガロカテキンガレート、ルテオリン)>
○緑茶で色白になる
  緑茶の抗酸化作用が肌の老化を防止
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE>
  緑茶のビタミンCで日焼け防止
    <ビタミンC>
○緑茶で長生きする
  細胞の老化を防ぐ …抗酸化成分
    <カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンE>

 ※<>内が効果を実現する成分


●これは農学博士・小國伊太郎氏(2001年3月現在、静岡県立大学短期大学部食物栄養学科教授)、中村順行氏(2001年3月現在、静岡県農林水産部・お茶振興室)、農学博士・茶山和敏氏(2001年3月現在、静岡大学農学部応用生物化学科助教授)の共著『緑色革命』にある記述の一部です。

●カテキン類、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンEといった緑茶の成分が、多くの生活習慣病や免疫系の病気の予防や症状改善に効果があるということですね。なかにはまだマウス実験レベルのものもありますが、ほとんどは、すでに長年にわたって病気予防などに効果があったと実証されているものです。

●健康ブームのおかげでご存知の方も多いかも知れませんが、お茶はたいへん身近な食材なので、「まさかこんなたいそうな効果があるとは…」という方がまだまだ多いと思われます。もちろん医薬品ではないので「お茶は○○に効果がある」などの宣伝文句で販売はできませんが、毎日飲んでいるものだけに、その成分や効果についてもう少し事実を知っててもいいかも知れません。

緑茶革命 お茶博士の“緑茶のすすめ”決定版

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶話

NHK『日本の、これから』を見て

●昨夜、NHKの生トーク番組『日本の、これから』を見ました。夕方5時10分から、ニュースなどをはさみながら深夜12:00までありましたが、実際に見たのはその後半のみ。しかし、『朝まで生テレビ』のように、番組を面白くさせるためだけで出演させられているような人たちがいないことで、最後までじっくり考えながら見ることができました。出演者のうち8割ほどが一般市民、うち半分くらいが日本にいるアジアの国の人たちでした。

●「一切の予定調和はなし」ということでしたが、最後は何となく“調和”がとれたイメージでした。でも、冷静に見て、それはあくまでも長時間の議論の成果だったと思います。

●学んだこと
 ○まずこちらから、相手の立場を理解しようと努めることが大切であること
 ○日本語のうまい外国人(若者)がめちゃくちゃ多いこと
 ○外国人は日本人以上に日本の歴史や政治のことを知っていること。日本人は恥ずかしいくらいアジア諸国のことを知らないこと、同様に日本のことも知らないこと
 ○真面目に歴史や国際関係を考えている日本の若い人もいること(身近に遭遇する若い人だけがすべてではないことを知りました。もっとも、近年のニュースでは、非常識な人間は社会的な立場にいる人や高齢者にも多いということも実感してます)
 ○真実は一つではないこと。だから教科書といえども、できるだけいろんな意見を併記し、それぞれを学ぶ側で考えさせるような教育が必要ではないかということ(選択肢の必要性、複眼的思考)
 ○「これからのこと」として意見を求められると、どんな立場の人も、ほとんどの人が前向きな(友好的な)意見を述べられること
 ○一般人が知っている(と思っている)ことは断片的な知識でしかないこと。えらそうに意見を言う人も、すべてのことを知っているわけではないということ。謙虚さが大切であるということ
 ○アジアとの関係を無視して日本の未来・平和・繁栄はないこと

●いろんな意見を言える時代・国に生きておれて、本当によかったと思います。政治も含め、いろんな業界で、これまでの悪い面や先輩諸氏の身勝手さが(もちろん、自分自身の反省も含め)見えてきているように思います。都合の悪いことも、過去の出来事も、事実は事実と認め、反省し、その上で前向きな議論をしないと何も生まれないですね。そのことを痛切に感じました。

●未来志向(批判のための批判・上げ足取りは不毛でセコい戦術)、ウソをいわないこと(事実を隠さない、知ったかぶりをしないこと)、相手・弱者への思いやりをもつこと、いかにも真実であるように見せる考え方・言い方にだまされないことの重要性など。

●国益(集団益)という美名のもとで支配者・権力者・ボスたちが自分のメンツ(狭い視野の主張、自己顕示欲)を正当化しようとすることが戦争の根本原因にあるような気が、ますますしてきました。現実の生き方、とくに政治の運営ではむずかしいことばかりかも知れませんが、すべてをさらけだせば怖いものはなくなります。どんなえらい人でも間違うことはあるわけで、それを素直に認められる人を信用したいですね。腹芸、はったり、ごまかし、ウソつき、おとり、脅迫、恫喝…こんな旧来のセコいやり方にだまされないモノの見方を、私たちはみなもっているはずですよね。今度の選挙こそ、本当に私たちの未来を考え、行動できる政治家を選びたいもの(これまでいかにだまさてきたことか…)。

 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 店主の日記
2005年08月12日

東海道五十三次の美術印刷・額付きセットの販売開始

●お待たせしました、といっても、だれもご存じない話でしょうけど、東海道五十三次の浮世絵(美術印刷)セットの販売サイトが完成しました。宣伝などはこれからです。

●独立した専門店として運営してゆくことになりましたので、よろしくお願いします。詳しくはこちら(東海道五十三次.COM)をご覧いただければよいのですが、ここでも簡単に紹介させてください。

東海道五十三次セット●商品内容
 ○浮世絵の美術印刷が56点
   53宿+起点・日本橋+終点・京都+全体図=全56点
 ○額 大・小2点
   オーク調のシンプルで高級感のある額が2つ、それぞれ壁掛け用の紐と卓上用の受立付き
 ○道中案内記 1冊(A4、16ページ)
   東海道五十三次のいわれ、浮世絵の解説、各宿場の今昔、名刺・古利・神社の特色、名所・旧跡・名物、最寄りの交通機関名などが記されています
 ○56点の絵を収納しておくカバー(タトウ)

 これだけ盛りだくさんの内容で、質が高くて、お値段が19,550円ぽっきり(送料、手数料すべて込み)!

●なお、追加サービスで、55宿の中からお好きな絵を掛軸にすることもできます。
   制作期間は約1ヶ月、追加料金が必要です

●55宿の浮世絵を、たとえ毎日差し替えても、一巡するのに2か月かかりますので、お店のインテリアとしても使いがいがあります。

●来月は敬老の日がありますが、お父様への贈り物にもお使いいただけます。ぜひ一度ご覧ください。

東海道五十三次.COM

●これを機に、今後、東海道五十三次に関する情報も時々、記してまいります。東海地区に関する地域情報なども増えていくかもしれません。とにかく、よろしくお願いいたします。



 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記
2005年08月11日

カテキン、カフェイン、テアニン

●なんか早口ことばみたいですが、この3つは緑茶の主要成分です。

●カテキンはタンニンのことで(ポリフェノールの一種)、渋味の元。カフェインはコーヒーなどに入っているカフェインと同じく疲労回復や覚醒作用のある成分。テアニンは甘味・旨味成分のことです。緑茶のカフェインはカテキンと緩やかに結合するため、コーヒーと比べると作用がマイルドになるといわれています(『緑茶革命』)。

●なお、テアニンにはカフェインと正反対の効果であるリラックス作用もあることがわかってきたそうで、緑茶のもつ奥深さ、不思議なパワーの由縁でもあります。

●釜炒り茶は一般の蒸し製茶と比べると、残念ながらテアニンは少ないのですが、その分、カテキンがかなり多く含まれています。

●いずれにしても、緑茶には体にいい成分が効果的に含まれているということです。もっとお茶を飲みましょう。


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | お茶を飲もう!
2005年08月10日

改めて、緑茶の効能=カテキン=について

●静岡県立大学短期大学部教授、農学博士の小國伊太郎編著『緑茶革命』で、改めて緑茶のパワーについて確認しました。
緑茶革命 お茶博士の“緑茶のすすめ”決定版

●カテキンは緑茶の渋味のもとです。釜炒り茶はカテキン含有量が緑茶の中でも一番多い(一番渋い)のですが、そのカテキン類は緑茶の「もっとも代表的な成分」で、「抗酸化性」があると、同書で述べられています。

●カテキン類の効能
  発ガン抑制作用
  抗腫瘍作用
  突然変異抑制作用
  抗酸化作用、老化抑制
  血中コレステロール低下作用
  血圧上昇抑制作用
  抗動脈硬化抑制作用
  血小板凝集抑制作用
  血糖上昇抑制作用
  抗アレルギー作用
  腸内細菌叢改善作用
  抗肥満作用
  抗インフルエンザ作用
  抗菌作用(食中毒予防)
  虫歯予防作用
  口臭予防(脱臭作用)など  (同書12p)

●すごいの一言ですね。緑茶を飲んでおれば、風邪はひかない、血液はさらさら、糖尿病や心臓病は防げる、老化を抑制できる、ダイエットできる、おまけに口臭を抑えられる…と、流行のサプリメントなど何も必要がないくらい、健康的な生活が送れるんですね。

●でも、私は子どものときから飲み続けているけど、風邪はひくし、コレステロールはあるし、肥満ぎみだし、最近は口臭も… という方もいらっしゃいます。むずかしいですね、こういうご意見に対する反論は。まあ、無理に反論することもないのですが。

●私は「薬でないものが、こんなに有効な成分や効能をもっている」ことのほうを、素直に喜びたいと思います。薬でないから、毎日どれだけで飲んでもいいし、薬でないから、安心して人にすすめられるのです。薬じゃないから(食品なので)おいしいとか苦いとか、味を楽しめるのではないでしょうか?

●医薬品のサプリメントではこうはいきません。お医者さんと相談しながら、あるいは体調を厳重に管理しながら摂取しなければならない。それって、すごくたいへんなことじゃないですか。

●緑茶にはこんな効能「も」あるんだな、と思いながら、好きなときに好きなだけ飲む。これって、精神衛生上は、薬以上の効果をもたらしてくれそうな飲み方だと、私は思います。

●緑茶、なかでもとくに釜炒り茶にはカテキンが豊富にある、カテキンには体にいい、だから、無農薬でおいしい釜炒り茶を飲もう!ということにしておいてください。科学的なことは専門の先生や研究者にお任せして、私たちはゆっくりとお茶を楽しみましょう。

緑茶革命 お茶博士の“緑茶のすすめ”決定版
著者:小国伊太郎、出版社:女子栄養大学出版部、本体価格:1,500円




 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康茶話
2005年08月08日

【朝茶に別れるな】【朝茶は三里(七里)帰っても飲め】

●朝茶とは朝に飲むお茶のこと。寝起きの一杯のお茶、おいしいです。体には水のほうがよいらしいですが、私はやはりお茶のほうが好き。

●で、朝茶に別れるな、とは、朝茶と別れないように、朝茶を離さないように、ということで、つまり、朝茶の習慣をやめないように、という意味です。もちろん、その理由は、体にいい習慣だから、ということですね。

●朝茶は三里(七里)帰っても飲め、も同じ意味です。朝茶は、たとえ三里ほど先へ行ってからでも、飲み忘れに気づいたらいったん戻家にってでも飲みなさい、ということで、それだけ体によいものであるという例えです。

●お茶は現代医学では薬ではありませんが、その効能から、中国では数千年のあいだ薬として使われてきました。日本に伝わった初めの頃も、僧侶など一部の特権階級の人しか飲めない高価な薬だったそうです。

●三里、七里というのは、遠方に行く(旅に出る)前に体調を整えるために忘れず飲みなさい、ということなんでしょうか。薬のなかった時代は薬の代わりだった、というか、やはり本来は薬だったということなんでしょうね。

●どれだけ飲んでも副作用のない万能薬、それが緑茶だった…。すごいです。


 釜炒り茶.COM
posted by 我茶日 at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | きょうのお茶ことば
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。